メリーチョコレート 抹茶の生チョコレート

パリで人気の味わいを、日本でも。

抹茶という和素材をパリで広めたパイオニアとして、メリーチョコレートの抹茶の生チョコレートを味わいたいという熱いリクエストをうけて、この度ショコラティエから直送で販売いたします。

日本限定バージョンは、自分のお好みで抹茶の濃さを調整できる「抹茶パウダー」付き。日本で生まれたチョコレートショップの、世界に挑戦するショコラティエが創った、和素材への情熱を込めたこの一品を、ぜひお楽しみください。

税込¥1,296

メリーチョコレートと抹茶の生チョコレートの知られざるストーリー。

チョコレート×和素材の探求を続けてきたメリーチョコレート。
そのもっとも代表的なものは、抹茶の生チョコレートです。
現在は海外でも人気のある抹茶の生チョコレートですが、
実は今日に至るまでには、大いなる挑戦、そして努力が詰まっています。

10月25日(日)23:59までにご注文の場合、
10月28日(水)頃発送予定

2020年11月25日(水)の賞味期限のものが届きます。

11月1日(日)23:59 までにご注文の場合:11月5日(木)頃発送予定

※上記は発送予定日であり、 お届け日ではございませんのでご注意ください。

ご注文前に必ずお読み下さい。注意事項はこちら

ご購入はこちら

賛否両論だったチョコレート。

遡るは2000年。世界最大のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ パリ」に初めて出展した時のことでした。日本で人気を集めていた抹茶の生チョコレートをパリのお客様に試食で差し上げたところ、賛否が分かれ、「不評」という言葉では足りない程の評価でした。その中には「苦い」「粉っぽい」という酷評もありました。フランスでは出逢うことのない味に驚きを隠せないという反応でした。

受け入れられないチョコレートから、愛されるチョコレートへ。

その評価を受けて、どんな味わいにすれば海外の方にもおいしいと喜んでいただけるのか。ショコラティエの探求心に火がつきました。
レシピの見直しや合わせるチョコレート、お酒、フランスのチョコレートの研究など、思いつく限りのことに挑戦し、パリのお客様にもおいしく召し上がっていただきたい、日本のチョコレートを、抹茶という日本の味を、おいしいと感じていただきたいと、努力を重ねました。
 その一方で「まったく新しい味、オリジナリティがある」「お茶をチョコレートに合わせるという発想が大変ナチュラル」とパリの高感度なお客様に「禅(ZEN)」の精神性とともに興味を持たれ、新しい食材としてパリの食通の間で話題に。次第に評価は高まっていきました。

日本の美味しさを、世界の美味しさへ。

「サロン・デュ・ショコラ パリ」で販売し続けるうちに、日本人の丁寧な手仕事、繊細な味わいがお客様からおいしい、と認められる存在となっていきました。今では「抹茶の生チョコレートを買いに来た」「毎年購入していて、楽しみにしている」というお声をいただき、パリの人々にも愛されるチョコレートとなりました。